お知らせ・ブログ お知らせ・ブログ

ラカンマキ 透かし剪定 手摘み


福岡市中央区 O邸

ラカンマキ

 

日本庭園の代表格の樹木と言って良いラカンマキ

福岡では刈り込まれることの多い樹木ですが、ワンランク上の手入れをご希望されるお客様にはこの剪定手法をお勧めいたします。

これがラカンマキの剪定前の状態です

この新芽を丁寧に切り取っていきます。

膨大な数の枝がございますが、それを一つ一つ丁寧に摘み取っていきます

下から見上げるとこんな感じです

ちなみに左下の枝は着手前です

 

これをすべての枝に施していくとこんなにもさっぱり綺麗な仕上がりになります。

 

この手入れをいたしますと、時間はかかりますが利点としては、

伸びすぎない。

形が崩れない。

かっこいい。

等、がございます。

京都などでは当たり前に施されている剪定手法ですが、福岡ではそんなに多くは見られないのが少々残念ではあります。

特に最近ではこの手入れをできる職人も減ってまいりました。

「今までの庭師が引退して、新しい庭師にお願いしたけど、今までと何か違う。」

と、お悩みの施主様がございましたら、我々庭道楽へお気軽にご一報くださいませ。

庭のお悩み解決いたします。

 

福岡の庭を、もっと楽しく、もっと面白く

 

庭道楽でございます。


2019年9月8日 | 庭木(植木)の剪定 | 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です