お知らせ・ブログ お知らせ・ブログ

クロガネモチの剪定 福岡市中央区


福岡市中央区 M邸

クロガネモチの剪定 (枝抜き 透かし)

福岡市中央区で保存樹にもなっている左側の木

クロガネモチ

の剪定方法を庭師目線で紹介します。

木に登って頂上を下から見るとこんな景色です

木の上に頭を出すとこう見えます。

モチノキは変なとこで切ると徒長が強くて形を崩す傾向がありますので

枝を抜いて(減らして)形を作ると剪定後は変な枝が出ないので綺麗な樹形を1年ほど保つことができます。

写真のモチノキは、昨年11月に剪定させていただいたの1年になります。

モチノキの小枝は逆にしてやるとポキポキ折ます。

切るより折ったほうが仕事が早くなりますので私は手で折っていきます。

真ん中の枝を一つ折ったらこんな感じです。

これを繰り返していくと

下が透けて見えるようになってきます。

どの枝をどう透かすかで仕上がりは全然変わってきます。

これをひたすらひたすら繰り返し行っていきます。

こうなります。

Before

after

 

植木は剪定方法次第で見え方が全然変わってきます。

手をかければかけるほど植木は綺麗になります。

このモチノキでも正直にいうと急いだ方だと思っています。

「安かろう よかろう」

のニーズはもちろん悪いことでなないしあって当たり前だと思いますが、

「そこそこだけれど すごくよかろう」

を庭道楽は心がけております。

何かご相談がございましたら、いつでも相談ください。

お庭のことでしたら

庭道楽

が解決いたします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です